販売されている栄養ドリンクの種類って一体どれくらいあるの?

栄養ドリンクにも医療系の商品がある?

栄養ドリンクにも医療系の商品がある?

栄養ドリンクにも第2類医薬品もしくは第3類医薬品に分類される商品があります。医療系の商品は大きく分けると医療用医薬品と一般用医薬品の2種類に分類されます。

さらに、一般用医薬品は副作用の強さなどによって第1類~第3類医薬品などに分類されているようです。第1類医薬品は薬局などで薬剤師の説明を受けた上で購入しなければなりません。

第2類と第3類はインターネット通販やドラッグストアなどでも販売されています。栄養ドリンクの中には第2類もしくは第3類の医薬品に分類されるものがあります。

医療系の商品の場合には飲み方を間違えると副作用などの症状が出るリスクがあるので、確認をしておきましょう。基本的には、しっかりと用量・用法を守った上で飲んでいれば副作用の心配はありません。

野菜ジュースは栄養ドリンクの種類に含まれる?

野菜ジュースは栄養ドリンクの種類に含まれる?

野菜ジュースは優れた栄養価がありますが、一般的に栄養ドリンクの種類には含めません。栄養ドリンクは栄養素が抽出された形で含まれており、野菜ジュースは基本的に野菜汁100%になっています。

ただ定義は曖昧なところがあり、野菜汁50%・果汁50%でも野菜ジュースと呼ぶことが多いです。

栄養ドリンクは医薬部外品と医薬品が中心となっており、食品は含まないことが多いですが、ビタミンドリンクなどの清涼飲料水は栄養ドリンクの種類に含めることがあります。

それ以外の分類法としてはビタミンを含有する清涼飲料水は栄養ドリンクとし、医薬部外品や医薬品は栄養剤として扱うこともあります。いずれの場合も糖分が多く含まれているので、飲みすぎには注意してください。

栄養ドリンクに書かれている医薬部外品って何?

栄養ドリンクに書かれている医薬部外品って何?

たくさんの栄養ドリンクが販売されていますが、パッケージを見ていると医薬部外品と記載されているものがあることに気づくでしょう。

医薬品ほどではないけれども効果が見込め、化粧品未満の効果も期待できるという取り扱いになっています。比較的副作用も少ないとされているので、まずは手軽に飲んでみたいという方にもうってつけの栄養ドリンクです。

ただし医薬品に分類される第2、3類のものよりは効果は劣ると考えて利用するとよいでしょう。

商品によっては医薬品の扱いをされていない材料を使っていて高価なものもあるので、自分の疲労度や目的に合わせて成分をよく見ながら選びましょう。症状に合うものを選ぶ事でより効果を無駄なく享受することができます。