栄養ドリンクの効果を無駄にしてしまう飲み方ってあるの?

お酒を飲んだ後に栄養ドリンクを飲むと効果が無駄になる?

お酒を飲んだ後に栄養ドリンクを飲むと効果が無駄になる?

お酒を飲んだ後に栄養ドリンクを飲むと効果が無駄になるのでしょうか。お酒を飲んだ後よりもお酒を飲む前の方が、事前に肝機能を高めてくれるので効果的なのです。

肝機能を高めておくとアルコールを分解されやすくなり、肝臓を傷めたり二日酔いになるのを防いでくれるのです。注意が必要なのは、アルコールと栄養ドリンクを一緒に飲むことです。

アルコールは栄養ドリンクの効果を早める効果がありますので、中枢神経を刺激する事で覚醒作用や興奮起こしやすき、目も覚めてしまう状況となります。

また、栄養ドリンクの中にはタウリンが入っています。タウリンは体や細胞を正常な状態に戻そうと働きがあります。タウリンが豊富なチオビタドリンク2000は特にお酒を飲む場合にはおすすめです。

脂っこい食事の後に栄養ドリンクを飲むと効果が無駄になる?

脂っこい食事の後に栄養ドリンクを飲むと効果が無駄になる?

栄養ドリンクを飲む時は事前に脂っこい食事をしないのが良いです。脂質を過剰摂取すると消化に負担がかかり、栄養素の吸収率が下がります。

栄養ドリンクの成分があまり吸収されないので、スタミナを付ける効果も薄くなってしまいます。特に疲労回復や食欲増進などに関係するビタミンB群は水溶性ビタミンなので、脂質で吸収が阻害されます。

食事の影響を受けないように空腹時に飲むという考え方も間違いです。栄養ドリンクは体調があまり良くない時に飲むことが多いですが、万全のコンディションではない時に空腹時に飲むと胃が荒れやすいです。

よって栄養ドリンクは食後に飲む必要があるため、脂っこい食事を避けてヘルシーで消化に良い物を食べます。

栄養ドリンクを飲んだ後すぐ眠ると効果が無くなる?

栄養ドリンクを飲んだ後すぐ眠ると効果が無くなる?

今すぐ元気になりたい、ここぞというときに多くの人が栄養ドリンクを飲んでいます。糖質をエネルギーに変えるビタミンB1を始め多くの栄養素を含んでいます。

栄養ドリンクは元気になりたい時に飲む即効性があるものなので、飲んで寝ると効果がなくなると感じている人もおられるかもしれません。

しかしそのようなことはないのです。その理由は栄養ドリンクの多くに含まれているカフェインの興奮作用があるので眠りにくくなることはあるのですが、飲んですぐに寝たとしてもその他の栄養成分は確実に栄養となっているので問題はないのです。

眠ることによって体力を回復させることができるので寝る前に飲むのであればカフェインが入ってないものを選ぶと興奮作用がないので深い睡眠をとりやすくなります。